おすすめディレイエフェクター

おすすめのディレイを何個か紹介しようと思います

1.ディレイ(Delay)の基本知識

文字通り、最も基本的な、時間を遅らせるエフェクター。単に時間をずらすだけだが、その時間(ディレイ・タイプ)の設定によっていろいろな効果を生み出すことができる。

2.おすすめディレイその1・定番且つ名機「BOSS Digital Delay DD-7」


コンパクトエフェクターでディレイといえばとりあえずこれを買っておけば間違いないというぐらいの名機である、BOSS製の「Digital Delay DD-7」です。少し値は張りますが、その価値があるエフェクターです。
管理人も一台使用しています。

(DD-7と外部フットスイッチFS-5Uです)

☆特徴

・ディレイタイムは1~3200ms(3.2秒)
・現在でも人気を誇るDM-2の特性をモデリングしたアナログディレイ
・コーラス効果を出すモジュレーション
・他にもループ効果のホールドや、音遊びのできるリバース等

☆外部ペダルによる拡張性

外部ペダル(FS-5U)をTEMPO/EXPジャックに接続することでもタップ・テンポ入力が可能。エフェクトのON/OFFとは別に独立した操作が行える。
さらに、TEMPO/EXPジャックへ、 エクスプレッション・ペダル(FV-500シリーズやEV-5)を接続することも可能。この場合、エフェクト・レベルやフィードバック、ディレイタイムのパラメーターをリアルタイムにペダル操作をすることができる。

3.おすすめディレイその2「BOSS Digital Delay DD-20」


こちらもDD-7同様BOSS商品になりますが、フットスイッチが二つあるツインペダル仕様となっています。ディレイの設定を4つ保存できるメモリーがあるので、つまみの音とあわせて一度に設定を変更せず5つのディレイを使うことができます。
ライブ中に何種類かのディレイが必要な人はこちらの商品がおすすめです

☆特徴

・GIGA DELAYの名が示す通り、驚異の23秒もの超ロングディレイを実現
・ツインペダルによる操作性
・11種類のモードを搭載
STANDARDやDUAL、PANなどのほか
アナログ特有のマイルドな音質をモデリングで再現したANALOG、TAPE
過激なオシレーター効果をつくり出すことができるTWIST
ディレイ音に空間的な広がりを加えることで、より自然な残響効果が得られるSMOOTH
LFO変調による効果が印象的なMODULATEなどの新エフェクト
さらにはREVERSEモードまで

もちろん他にもありますが、あまりに機能が多すぎるので一部だけです。(笑)
この一台があればディレイで困ることは無いというぐらい機能がたくさんあります
また、ツインペダルによる操作性もすごく良い感じです!

メモリーでいえば他にもLINE6のDL4なんかもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA